らいおんかあさん

高校生・小学生、3兄妹子育て中のアラフィフ主婦。

泣ける絵本「いのちをいただく」

久しぶりに読みかえして泣いてしまった。

子どもの食育にと、ずいぶん昔に買った本、

助産師・内田美智子さんの『いのちをいただく

__________________

 

内容は、食肉加工センターに勤めている坂本さんのお話。

坂本さんのお仕事は、牛を殺して肉にすること。

坂本さんは、その仕事が嫌でやめたいと思っている。

 

そんな坂本さんが息子の授業参観に行ったときの話に涙し、

解体される牛の「みいちゃん」のシーンに涙し、

牛のみいちゃんと一緒に育った女の子の話に涙し。

ページをめくる度に涙があふれます。

 

子どもに読み聞かせようと思ったのに

涙があふれて読み進めれなかった

苦い思い出の本でもあります。(苦笑)

 

___________________