らいおんかあさん

高校生と小学生、3兄妹子育て中のアラフィフ主婦です。おもしろ子育て模索中です。

妄想を暴走させたコミック「恋する母たち」

先日、漫画家・柴門ふみさんが朝の情報番組にゲスト出演されていました。

タレント・いとうあさこさん同様、私も柴門世代!

漫画をはじめ、ドラマやエッセイで多大な影響をうけました。

 

そんな柴門さんが描く

中学生の子をもつアラフォー母3人の恋物語。

コミック「恋する母たち」が話題になっているとか!?

それぞれの家庭の問題、寂しさや虚無感、そして恋愛模様

柴門さんが上手にそれぞれの心情を描いている。

 

 

気になりました。もうアラフォーじゃないけど・・・

恋愛なんて・・・と思っていた私でさえ、

今からの恋愛、人生最後の恋愛!?

旦那さんが最後でいいの?

やり残したことはない?

そう問われたようで、焦りと戸惑いいろいろな考えが渦巻きました。

 

どうしましょ?そのような人生も選択できる?

あんなことしたり、こんなことしたり、きゃー!

艶っぽい妄想が、暴走しました。

 

もう一生恋愛はないよ!と宣告されると、反発したくなりますが、

妄想でとどめておきましょう。

物語の世界で楽しむのが、平和でしょう。

 

柴門ふみ先生、楽しい妄想の時間をありがとうございます。